Posted on 8月 18 2017 by admin

1坪洗面室

我が家の洗面室の広さは1坪という限られた広さです。洗面室では家族みんなが手洗い、歯磨き、お化粧やヘアセットなどの身支度、入浴の前後などで使用します。ここに洗濯機を設置する家庭が多く、家事を行う上でも重要な空間でもあるのです。これらの作業のしやすさに加え、これらに付随する収納スペースも求められます。必要な物が必要な場所に揃っていることで、利用しやすい空間が広がるためしっかりと収納スペースを確保しておく必要があります。

広さに限りのある1坪洗面室でも無駄なスペースを生まず、空間を最大限に利用させることで利用しやすい空間が広がるのです。まず、洗面室のドアは引き戸にします。引き戸にすることでデッドスペースが生まれず空間を最大限に利用しやすくなります。そして、窓は天井部分の高い位置に設置します。高い位置に設けることで窓を物でふさぐこともなく、しっかりと明るさを確保でき、通風も得られます。高い位置に設ける場合にはちゃんとチェーンで開閉できるものを選びましょう。そうすることで壁面を有効活用させられます。

洗面化粧台と洗濯機を横並びに設置することで30㎝ほどの隙間が生まれます。この隙間をそのままにするのではなく、化粧台と同じ高さと奥行の隙間収納を設けます。この収納が意外と収納力があるのです。化粧台とサイズを合わせることで洗面室の印象もスッキリとして圧迫感を与えません。洗濯機の上部のスペースには壁面を利用して可動オープン棚を設けます。

家族の下着やパジャマなどを収納しておくことができます。入浴時には着替えなどを置いておくカウンターがあると便利です。このカウンターを必要な時だけ出して、使わない時は壁にしっかりと収まる開閉式のものを設けました。便利なカウンターでもありますし、広々とした作業しやすい洗面室にもなるのです。1坪でも上手に活用することで利用しやすい空間になるのです。

Comments are closed.