Posted on 8月 1 2016 by admin

リビング収納

リビングは家族が様々なことをして過ごす場所です。それだけに自然と物も集まってきます。リビングが物で溢れてしまうと、リビングの居心地の良さや快適性を損なってしまいます。それだけにリビングこそ収納スペースを充実させておくべきなのです。我が家に設けたリビング収納は、リビングの背面に収納庫を設け、室内から見えない収納スペースを作ったのです。目に入ると生活感を感じやすい日用品や掃除機などここにしまうことで、見せたくないものをしっかりと隠して収納することができるのです。

壁一面に造りつけた棚が、リビングで散らかりがちなものをしっかりと整理できるのです。可動棚にしたので、収納するものに合わせて棚の高さをアレンジでき、デッドスペースも生まれにくいのです。リビングに散らかりがちなものは、子ども達が帰宅すると幼稚園カバンや帽子、ランドセルなどではないでしょうか。冬時期は、着ていた上着がソファの上に置きっぱなしになることも多いです。これらのものも全てこのリビング収納にしまえるようにしました。

子ども達もものもちゃんと定位置を分かるようにしておくことで、身近な場所にある収納スペースなので自分できちんと物の管理をするようになりました。上着を一時置きできるようにコートクロークも設けています。家に遊びに来たお客様の上着もきちんと管理できます。急な来客時でもサッと物を片づけられるリビング収納があることで大変助かっています。

Comments are closed.