Posted on 6月 22 2016 by admin

1.5階の多目的スペース

先日遊びに行った友人宅には1.5階という特別な空間が広がっていました。リビングから階段2、3段の高さのある小上がりのスペースがあり、そこは子どもの遊び場や昼寝の場として、またスタディコーナーとして、パソコンスペースとしてなど多目的に使用できる空間が広がっていました。中二階スペースより一階のLDKとの繋がりを感じられ、家族の一体感を得られます。

1.5階スペースを設けた理由は、リビングをよりくつろげるスペースにするためでした。通常リビングではテレビを見ながらくつろぐ人もいれば、おもちゃで遊ぶ子どももいます。その傍らで洗濯物をたたんだり、アイロンがけをしたり家事を行うこともあります。いろいろなことをして過ごすリビングであるだけに、1.5階スペースを設けて、ここを作業スペースやキッズスペースとすることでリビングをより落ち着いた印象の空間にすることができるのです。

1.5階スペースで子ども達が遊べば、リビングにおもちゃが散らかることも少なくなります。パソコンや勉強をするときも、リビングと緩やかに空間が区切られていることで個室のような感覚も得られるのです。家族との一体感を感じながらも個人の時間も大切にできるので特別な空間なのです。ここにはカウンターが造りつけられていました。カウンター部分は足元をゆったりと伸ばせるような造りにもなっていました。オープン棚も空間に合わせて造りつけられていたため、収納スペースも充実していました。そんなに広々とした空間でなくても収納スペースが充実していることでスッキリとした空間が広がり、いろいろな用途で使用しやすくなるのです。1.5階スペースはとても魅力的な空間でした。

Comments are closed.