Posted on 12月 24 2015 by admin

ニッチのある家

最近住宅にニッチを設ける家庭が増えてきました。このニッチとは壁の厚みを利用して、飾り棚を設けたり、収納スペースを設けることができるのです。我が家の新築住宅にもできるだけニッチを設けました。主人が大満足しているニッチが二階のホール部分に設けられています。車やバイクの好きな主人は、ブリキの車やバイクが好きで集めています。しかし飾る場所に困っていました。そこでこの二階のホールの壁に飾り棚としてのニッチを設けました。

このニッチには薄型ガラス戸付きにしたことで、大好きなコレクションを安全に、またホコリかぶることなく飾ることができるのです。私が満足してくるニッチは、キッチンの前に設けた腰壁に調味料入れニッチを設けたことです。この調味料入れニッチを設けたことで、今まで作業スペースに並べられていた調味料をスッキリとニッチ内に収めることができました。このようにすることで作業スペースをより広々と使用できることで料理の効率も高まりました。

そして我々夫婦が満足しているのが、リビングに設けたリモコンニッチ兼飾り棚のニッチです。大きさのあるニッチを3つに分けました。中段部分には照明スイッチや給湯スイッチ、インターホンモニターや太陽光モニターなどを設置するリモコンニッチとなっています。そして上段と下段は飾り棚としてのニッチです。雑貨を飾ったり、家族写真や子どもの描いた絵を飾るスペースとして重宝しています。リビングのアクセントとなっており大変お気に入りです。壁の厚みを利用することで住宅のデザイン性も大きく変わってきます。大いにこれを利用してほしいと思います。

Comments are closed.