Posted on 5月 24 2015 by admin

LDKの工夫

住まいを新築する時、「バリアフリー」にして、できるだけ段差をなくすようになってきました。幼い子供がいても、高齢者がいても、段差でつまずく危険性が少なく、安全に暮らすことができます。しかし、外からの視線を自然と遮るために、あえて、段差を設けることもあります。また、空間的にLDKがワンフロアであっても、リビングスペースの床を上げることで、空間に変化をつけたりします。
それが、ステージリビングです。

私の友人が住まいを新築したのは、市街地の狭小地でした。狭小地に住まいを建てる時、スキップフロアを採用することにしました。空間を縦につなげていくことで、狭小地でも、広く感じられます。
LDKについても、キッチンスペースとダイニングスペースをワンフロアにして、そこから段差をつけて、リビングスペースを作るようにしました。そのリビングスペースから段差をつけて、プライベートルームを作りました。空間としては、縦につながって、光も風も通していきますから、居住性が上がります。

そういう意味では、この住まいが大変気に入ったのですが、困るのが、収納でした。空間がつながっていき、光や風を妨げないようにするということは、収納についても、よく考えなくてはいけません。スキップフロアの住まいを作るとき、最初から収納についても考えなくてはいけません。
実際に住まいが完成するまで、なかなか空間を想像していくことが難しかったので、適当な場所に自分たちに必要な容量の収納を得ることについて、なかなかうまくいきませんでした。もちろん、工務店さんがいろいろ提案してくれましたが、それでは不十分でした。

特に、リビングスペースに置きたいCDや書籍類や文具類などの収納です。工務店さんにも把握できなかったようで、自分たちの生活スタイルや持っているモノのボリュームを考えて、収納のことも考えればよかったと思いました。

Comments are closed.