Posted on 5月 4 2015 by admin

ウッドデッキのある暮らし

我々夫婦は友人や親戚達と庭でバーベキューをするのが大好きです。
新築住宅を建てる際には庭でバーベキューをして楽しめるようにしたいと以前から思っていました。

そんな我が家も新築住宅を建てることになりました。
みんなでバーベキューなどができるほどの広さの庭は設けたいと思っています。
そしてウッドデッキを設けることでよりバーベキューをした際にも楽しめる空間を得たいと思っています。
リビングの先にウッドデッキを設けることでリビングにより開放感をもたらしてくれます。
ウッドデッキにはテーブルやイスを置き、特別な日にはそこで食事を楽しめるようにするとウッドデッキでの楽しみ方も幅を広げてくれるのです。
広々とした庭を設けても、意外と時が経つにつれて庭を使用しなくなってしまうものです。
それではせっかくの庭が台無しになってしまいます。

庭をいつもでも大切にしようと心がけるためにも室内と庭を自然なかたちで繋いでくれるウッドデッキがあるといいのです。
リビングとウッドデッキへの移動がスムーズに行えるように段差をなくしフラットしておくと室内とウッドデッキの存在もより近くに感じられます。
ウッドデッキは室内でもなく庭でもない特別な空間です。
我が家は二階のバルコニーをウッドデッキの屋根として活用しようと思っています。
そうすることで急な雨の日でも対応でき、強い日差しもカットできます。
ウッドデッキを子どもの遊ぶスペースとして、ペットの居場所として様々な楽しみ方を得ることができればいいなと思っています。

Comments are closed.