Posted on 4月 1 2015 by admin

1坪の洗面室の活用法

我が家の新築住宅の洗面室は1坪です。
洗面室の一般的な広さと言われていますが家事をする私にとってはもう少し広さに余裕のある洗面室が理想でした。
洗面室には洗面化粧か台に洗濯機は欠かせません。
大きさのあるこれらを設置しても洗面室の居心地を悪くせず、家族みんなが使いやすく、また家事のしやすい空間にしたいものです。
広さに限りのある空間を上手に活用するには無駄なスペースを生まないことです。

洗面室と洗濯機を並べて設置するとわずかな隙間となるデッドスペースが生まれます。
このデッドスペースをただの隙間にするのではなく、棚やキャビネットを設けて収納スペースを確保するのです。
わずかな隙間の収納スペースでも洗剤のストック品やタオル類を収納するには最適です。

また収納力をアップさせるのであれば、洗面化粧台や洗濯機の上部にキャビネットを設けるのです。高い位置のキャビネットなので物の出し入れがしにくくなります。
上部に設けるキャビネットは目線の高さまで降ろすことのできる機能性に優れたキャビネットを設けるといいのです。そうすることで収納力も使いやすさもアップしたキャビネットになるのです。

また広さに限りのある空間にはもってこいなのが壁の厚みを利用したニッチを設けることです。ニッチの収納スペースは空間に圧迫感を与えることなく収納スペースを確保することができるのです。
洗面室に収納する物は生活感の出やすい物が多いです。
生活感を感じさせないスッキリとした洗面室を目指すのであれば、このニッチ収納の前に扉を設けるといいです。
1坪の洗面室でも活用法によって快適で使いやすい空間になるのです。

Comments are closed.